ニットデザイナーとは

HOME > ニットデザイナーとは

What's the knit designer ニットデザイナーとは?

あなたはニットと聞いて何を思い浮かべますか?セーター、カーディガン、ウール、秋冬に着るもの・・まずはそんなイメージが浮かぶかもしれません。

Photo

 

Photo

ニット製品の企画書。ニットデザイナーがデザインコンセプトに基づき、デザイン画・編み立ての指示書、編地サンプルを作成します。

実際には、ニットとは広い意味で編み物の総称であり、ジャケット、ブラウス、スカート、ワンピース、スーツ、コートなど 今日では実に多彩なニット製品が生み出されています。また、素材の面でも ウールだけでなく、綿、シルク、麻、レーヨン、ポリエステルなど様々で、一年を通してファッションアイテムとして着用されています。

ニットデザイナーの仕事

これら多彩なニット製品をデザインするのが、ニットデザイナーです。
ニットデザイナーは製品の企画からテキスタイル作り、製品化まで、全ての工程に関わります。
布帛 (ニットとは逆に、伸縮性のない織物を縫製すること) がデザイナー、パタンナー、裁断士、編み手 というように何人もの手によって完成されるのに比べ、製品化の過程に一貫して関わるニットデザイナーは、非常にやりがいのある仕事といえます。

ファッション業界内のニットデザイナー

近年、ファッションアイテムの中でニットの占める割合は年々高まっており、今や世界のアパレル製品のおよそ半数はニット製品であるといわれます。業界でも、確かな技術を持つニットの専門家が切望されていますが、プロとして専門的なニットの知識と技術を身に付けたデザイナーは、まだまだ足りないのが実情です。(アパレルメーカーのデザイナー採用に、布帛の勉強をしてきた学生が多数集まり、超難関の求人倍率となっている実情に比べ、ニットデザイナーの就職事情は実に対照的です。)
また、確かな技術とクリエイティブな感性を併せ持ったニットデザイナーは、本当の意味での専門職であり、一生を通して続けられる魅力的な職業でもあります。

Photo

毎年国内だけでなく世界中の展示会で新たなニットが発表されています。ここが流行の発信源となり、世界のアパレルブランドで製品が企画されます。

左はニットのテキスタイルサンプル。一人のニットデザイナーが発表したテキスタイルサンプルが世界中のトップブランドで使われることもあります。

ニットデザインを学ぶ

東京ニットファッションアカデミーは、実践的な技術教育により企業で即戦力となるニットのスペシャリストを養成する、国内でも数少ないニットの専門学校です。業界でも先端を行く最新設備と、現役でデザイナーとして活躍する講師陣により、本気でデザイナーを目指す学生を全力でサポートしています。
充実した2年間の学びの後、「ニットデザイナー」「ニットプランナー」として、あなたの夢を実現させてください。

Site of knit design ニットデザインの現場

ニットデザイナーとして現役で活躍する卒業生から、ニットデザインの現場についてインタビューしました。

Photo

ニットデザイナー
中村仁美

私は26歳の時、「この人生を、自分の好きなことを仕事にして生きたい!」と思い立ち、小さい頃から大好きだったニットを本格的に学びたいと、『東京ニットファッションアカデミー』にお世話になりました。少人数制でニット工場と同じコンピュータ編機等、充分設備の整った環境の中で学ぶことが出来たこと、そして細やかなご指導とそれぞれの個性を大切に伸ばして下さった先生方には心から感謝しております。
卒業後アパレル業界でデザイナーとして働きましたが、よりクリエイティブな世界で挑戦したいと思い、ニットの本場、イタリア・ミラノへ渡りました。イタリアでのニット専門学校は設備機器もなく期待は裏切られましたが、現地の大手糸メーカーで仕事をさせて頂き、デザインしたニットを雑誌に掲載して頂くなど、多くの経験を積むことが出来ました。
帰国後、現在はフリーとして働いており、常に着て下さる方の幸せを思い、着ていてワクワクするような楽しいデザインを心掛けております。
今の私があるのも、この素晴らしい学校に出逢い、熱いご指導とニットの面白さ・楽しさを学ぶことが出来たからだと思います。
株式会社kiela
http://www.hitominakamura.com

Page Top