先輩からのメッセージ

HOME > 先輩からのメッセージ

ニットデザイナーとして各企業へと羽ばたいた先輩たちからのメッセージです。

平成29年度卒業生からのメッセージ

株式会社大三
Hotaru .H
 恵泉女学園高校卒
東京ニットファッションアカデミーに入学して、授業を通して初めてニットや服飾のことやアパレル業界を知りました。私は何も知らない状態で始めたので、最初は情報量に圧倒されましたが、親切な先生方や既に布帛・パターンや手編の勉強をしていた同期達、先に学びそれぞれの個性を活かした作品を製作している先輩方に大変お世話になりました。まっさらなところからセーターやカーディガン、ジャケットを作れるようになったことは自分の中では大きな一歩でした。さらに就職も決まったので今後もニットに関わっていけることをとても嬉しく思います。
ニットの学校に飛び込むことはとても勇気がいりましたが、趣味で手編をしていた時以上につくる難しさや楽しさ、ものづくりの精神を学校で教えて貰ったと思っています。


金泉ニット株式会社東京事務所
Shiori .S 
郡山高等学校卒

平成28年度卒業生からのメッセージ

株式会社島精機製作所
Asaki .H
 国際基督教大学卒
私は以前,ニットとは関係のない会社に勤めていましたが,手編みが好きでニットの仕事がしたいと思い,本校へ入学しました。それまで服飾に関する勉強はしたことがなく不安でしたが,学校見学の際に「生徒がニットを仕事にできるように育てたい」という先生方の熱い思いに触れ,この学校であればニットの仕事へつながるはずと確信しました。 本校の魅力は何といっても「実践的なカリキュラム」と「教育熱心な先生方」の二つであると思っています。実習がメインの授業では,縫製や編み機の操作などを一から学んで作品を作るので,技術力と創造力がバランスよく鍛えられます。また先生方は,生徒一人一人の素質と興味に合わせて丁寧に指導して下さるので,服飾が初心者の私でも安心して学ぶことができました。 私は特に「編む技術」に興味があったのですが,就職活動では希望する編み機のメーカーに内定をいただくことができました。先生方の熱心な指導に心より感謝しています。決して楽ではありませんでしたが,情熱を持ってニットと向き合う者が集う環境で学べたことは,私にとって大きな財産です。今後もニット業界に貢献できる人間になれるよう精進します。

株式会社長谷川商店
Sayumi .K
  静岡文化芸術大学卒
大学卒業後、色々模索しながら生活する中で「手に職をつけたい」という結論に至り、上京を決意し入学しました。趣味の範囲の物づくりは好きでしたが、ニットや服飾に関する知識はゼロに等しかった為、不安もありました。しかしいざ学校が始まると、ニットに関する知識を網羅した授業は新鮮な驚きの連続であり、充実した毎日を送ることができました。先生方も一人一人のレベルに合わせて丁寧に指導して下さり、より良い物を作る為に尽力して下さいます。自分のペースではありますが着実に出来る事が増えていくので、その積み重ねが就職活動時の自信に繋がったのだと思っています。そして振り返ると、私が抱いていた不安はこの学校の魅力でもありました。様々な経験を経て入学したクラスメイトは、各々が違う視点、違う得意分野でお互いをサポートする関係となり、良い刺激をたくさん受けました。
4月からは地元の企業に就職します。この学校で得たものを、今後の人生で無駄にしないよう励んでいきたいです。

金泉ニット株式会社
Erika .I
 山本文化服装学院卒
小さい頃から手芸が好きで、服飾専門課程のある高校を卒業後専門学校へ進みましたが、家庭の事情で中退しました。その後は事務や販売員をして働いていましたが、ずっと物作りの仕事をしたいという気持ちがありました。この学校に入学した時、わたしはちょうど30歳でした。この年齢で2年間、働かずに学校へ通っていいのか、卒業時は32歳…それで就職が出来るのかすごく不安でしたが、家族の応援やサポートもあり入学を決意しました。入学後は目の回るような日々でした。圧倒されるような情報量の授業が週5日…振り落とされないようについていくのが精一杯の毎日です。しかし、先生方は親身になって教えて下さいました。クラスメイトにも恵まれ、わならないところは教え合ったり、励まし合ったりしながらなんとか乗り越えることができました。そして、来年からはニッターとして働けることになりました。ずっとやりたかった物作りの仕事に就けるのがとても嬉しいです。教わったことに更に磨きをかけ、良いニットを生み出せるよう努力していきます。ここまで導いてくださった先生方にとても感謝しています。

金泉ニット株式会社東京事務所
Marino .W 
杉野服飾大学卒
「一本の糸から服を作るニット」に興味を持ち、ニット業界への就職を希望しました。大学ではテキスタイルを専攻していましたが、より専門的なニットの知識を深めたいと思い、東京ニットファッションアカデミーへ進学しました。他の学校では学ぶことのできない技術や知識は、就職活動において非常に強みになりました。自信を持って就職活動を行えたのは、先生方のご指導のお陰だと思っています。実際の現場を知る先生が多く、困った時にはマンツーマンで指導していただけました。これからは学校で学んだことを活かして、ニット業界で活躍していきたいです。」

丸安毛糸株式会社
Mami .K 
文化学園大学卒
前職では未経験からニットデザイナーを目指しました。番手計算、仕様書の書き方、ニットの成り立ち、取引工場との連携の仕方、吸収することばかりでしたが、漠然とわからない部分の存在がいつもあり、不安でした。糸への経験値の浅さを感じていたときに東京ニットファッションアカデミーの存在を知りました。その時はまた学生になり、学び直すことは考えていませんでしたが、家族の勧めもあり考えて抜いて入学を決めました。情報量の多い授業はついていくのが必死でしたが、少人数でわからないことはわかるまで聞ける環境がとても良かったです。また、様々な個性のクラスメイトは日々のとても良い刺激になり、今ではかけがえの無い存在です。狭いニットの業界にいる限り助け合うことが出来るから、今隣に座っているクラスメイトを大事にしてくださいと先生もおっしゃっていました。4月からは働く会社では、営業・生産のことも把握しているデザイナーになることが目標です。学んだことに加えて現場での知識を吸収していきたいです。

山科産業株式会社ルナキカク
Mari .N
 放送大学卒
毎日多忙な日々を過ごしていた時、突然胃腸の病気になりこれからの仕事の在り方を考えるようになりました。その結果、これからは事務系ではなく一生できる仕事をしたいと考えるようになり、以前から興味があった"ニット"を勉強しようと決意しました。入学していざ勉強を始めると、頑張ろうと思う心と行動が空回りして、一時期ニットに嫌気がさした時もありました。しかし、先生方や同級生からの励ましとアドバイスを頂きここまでやってこれました。来春から技術者として働きます。やっとスタートラインに立ったばかりで、プロになるまでの道のりは長いですが、いつかこの学校に恩返し出来るよう頑張りたいと思います。

株式会社ダイヤトリコ
Sumire .T
 早稲田大学卒

平成27年度卒業生からのメッセージ

株式会社ファイブフォックス
Misae Takubo 
松栄学園高等学校卒
編み物がとても好きで、入学致しました。デザイン等学んだ事もなく、素人 で入学することが、とても不安でした。しかし、学校へ行き始めると、先生方が、一人一人丁寧に、親身になって、分かるまで教えてくださいました。
デザイン〜製品作りまで、全ての行程を教わりました。充実した設備の中、専門的な知識、技術を学び、ニットデザイナーとして内定を頂き、夢へと一歩近づきました。

株式会社ワールドインダストリーニット
Kimi Kobari
 東京家政大学卒
私は大学で4年間、服飾について学びました。卒業後はニットの専門知識を深め、専門職・技術職として働きたいと考えて、本校に入学しました。本校では2年間、ニットに関するあらゆることを実践的にみっちりと学ぶことができ、充実した学校生活を送ることができました。校長先生をはじめ、本校の先生方は親身になって授業の質問や進路などの相談に乗ってくれるので、とても心強く、安心して学ぶことができました。また、不安だった就職活動でも、先生方のご指導のおかげで、無事に技術職として内定を得ることができ、この学校に入って本当に良かったなぁと実感しています。卒業後について考えると、学んだことを実践できるという楽しみな気持ちと雑然とした不安が入り混じっていますが、困難なことに直面しても、本校で得た知識を生かして、働きたいと思います。

太陽毛絲紡織株式会社
Siho Tuzuki 
川村学園女子大学卒
わたしは糸やテキスタイルへの興味が格別で、創造性のある仕事がしたいと思い、30代で再スタートを切りました。機織りを趣味としていたので、織物に関しては多少知識があるものの、「ニット」というと幼少期に手編みの経験がわずかにある程度で、入学当初は編棒を握る手もおぼつかないほどでした。少しずつ技術や知識を得る中で、あらゆる可能性をもつニットの魅力に深く引きこまれ、普段何気なく触れているいろんなものに「ニット」の存在を探すようになりました。本校では、実践力の高いカリキュラムの連続で、ニット関連の仕事に活かせる技術が身につきます。実習では、手編みや機械編みに加えて、日本はおろか海外の学校でも扱うことができない自動横編機を実際に学生一人一人が自分の手で動かして編むことができます。わたしはインターンシップへ参加するようになり、本校で学んだことの一つ一つが無駄なく役立っていることを実感しています。振り返るとこの2年間は、心地よい驚きと創造の日々でした。ニットへの眼差しが真摯でエネルギーに満ちた先生方からたくさんの刺激をいただき感謝しています。今後も、ニットを志す方にとって、本校での学びが実りあるものとなりますよう願っています。  

ハラダ株式会社
Asami Morita 
専門学校青山ファッションカレッジ卒

平成26年度卒業生からのメッセージ

takezawa

大東紡織株式会社 
Keiko.T 神戸芸術工科大学大学院卒
入学から一年で就職活動を迎えました。各方面で活躍されている先生方からアパレル、デザイン会社の情報をレクチャーしていただき、今まで授業で制作してきたニットアイテムを仕様書に起こし、採用の面接に持ち込みをして学校の授業内容のレベルの高さに企業側から感心していただけることが多く、それを間近で感じる事ができました。学校側が万全のサポートをしてくれる就職活動は自分らしさを全面に出すことができ、非常に楽しく就職活動をすることができました。

株式会社川辺莫大小製造所
Emiko.A
 岡山大学卒
大学では農学を学び、ファッション・アパレルとは全く違う分野で勤めていましたが、ニットで生計を立てる夢を実現するため入学しました。学校では、充実した設備と業界での経験豊富な先生方のもと、密度の濃い授業が行われています。 服飾知識のない状態でも、少人数制で一人一人丁寧に見て頂けることもあり、 専門的な知識と技術を習得することができました。希望する会社から内定を頂くこともでき、夢への第一歩を踏み出すことができました。

佐藤繊維株式会社
Shoko.K
 玉川大学卒 
幼い頃から編み物が大好きで、ニットの知識を網羅したいという思いで本校に入学しました。授業では実際の現場を想定した講義や製品の編み立て実習、またあらゆる企業の展示会に行かせて頂き、常に”最新のニット”に触れながら日々学んでいます。そんな中で私は、ニットのテキスタイルデザイナーになること志し、先生方の熱心なご指導のもと無事に希望する企業から内定を頂くことができました。ニットは企画から製品化まで一貫した知識が必要とされるとても奥の深い分野だと思います。一年次からその知識を学んでいくため、大変忙しい日々ですが、ニット漬けの毎日はとても充実しています。

株式会社島精機製作所
Satoko.S
 愛知県内大学医学部卒
私はもともと、医療関係の仕事をしていましたが、幼い頃から絵を描くのが好きで、かぎ針編みが好きで第二の人生をかけてこの学校に飛び込んできました。充実した設備と専門性の高いご指導のお陰で、年齢のハンディはあったものの大手の会社から内定を頂くことができました。課題が多く心身共に追い込まれる時もありましたが、夢を諦めない人に限りない尽力を注いでくれる本校の姿勢に感謝しています。ニットに夢を抱いて、実現するための努力をいとわない方なら、是非本校の門を叩かれるとよいと思います。

株式会社ファイブ・フォックス
Ami.M
 専門学校ESPエンタテイメント卒
この二年間は私にとって、とても内容の濃いものでした。デザイン画を描き、製図をし、編みたててプレスに至るまでの全ての行程を二年の間でみっちり勉強し、これまで服飾の勉強をしたことがなかった私でも現在、ニットデザイナーとして企業から内定を頂く事が出来ました。仕事を始めると大変な事が沢山あると思いますが、この二年間で得た知識や技術を武器に、しっかり社会人をやって行こうと思います。

山科産業株式会社ルナキカク
Kyoko.T
 鹿児島女子高等学校卒
アパレルの専門職に就きたいと思い、服飾コースのある高校に通いったことで興味を持ったニットを学びに当校に入学致しました。ニットは奥が深く学ぶ事も多いので、昼は学校、夜は生活費を稼ぐ為の仕事の両立はとても大変です。就職活動では、各分野の先生方に私に合った指導をしていただけたので希望していた専門職で内定を頂くことができました。特に個人指導までして頂いた校長先生には感謝しております。来春から新しい地でのスタートに向け、更に知識、技術を身に付けるべく頑張っています!。

SOF株式会社
Tomoko.K
 女子美術大学卒
私は大学でファッションを勉強していました。その後、販売職に就職いたしましたがやはりデザイナーになりたい、糸に関わる仕事がしたいと思い学校を探しこの学校を見つけました。色んなファッションのことを学ぶよりもニットという一つのことを深く、より多くの知識を教えてくれます。今後、就職をしても自信を持ってニットデザイナーとして働けるよう、もっと学びたいと思います。

平成24年度卒業生からのメッセージ

Photo

金泉ニット株式会社
上田 広宣
 
   私は現在、東京ニットファッションアカデミーの紹介で内定を頂いたニットアパレルメーカーで三ヶ月の研修期間の丁度一ヶ月間目を終えて、この卒業メッセージを書いているところです。一ヶ月を終え、インターンシップなど日々時間と与えられた仕事に圧倒されそうな毎日ですが、も濃い充実した一日一日を送っていると実感しています。  私が働いているメーカーでの私の職務はといいますと、ニッターというお仕事です。もしかしたらあまり聞き慣れないお仕事かと思いますが、機械編みで編み立てのお仕事をする業務になります。一昔前のメリヤス業といえば手横機や家庭機、はては手編みといった作業を通して現在までのメリヤス業が成り立っていたと伺います。しかし現在のニットアパレルでは島精機という会社の自動横編機(機械編機)が世界中のその60%以上のシェアを握っており、今のニットの世界ではそれ無くして考えられない様になっています。そして何を隠そう、この島精機の設備を備えている学校こそがこの東京ニットファッションアカデミーなのです。前述したような、手横・家庭機といった設備も充実しており、その機器をそれぞれ今までお仕事として扱われてきたプロフェッショナルな先生方が学校にはおられ、他にも諸々のニットを製作するための設備が備わっています。また他の授業でも、手編みはもちろんの事、アパレル、ニットアパレルの仕組みを勉強する企画生産の授業。この授業ではデザイナー、企画の仕事では外せない仕様書書きを取得でき、製図などもニット独自のオリジナルの製図を用います。他にも感性を養うファッション画の授業でも素晴らしい先生がおられます。どうでしょう?。この話を聞いただけでもニットに興味を持たれ、このホームページをご覧になられている方々は学校に興味津々なのではないでしょうか?学校を通して私のように製造をする者もいれば、ニットデザイナー、企画・営業、または糸に興味を持ち、造詣が深い人であれば糸商でのお仕事という道も開けます。門戸を潜り、この学校でニットの世界に足を踏み入れた時から、それぞれの夢に向かって諸先生方、そして師田校長先生が全身全霊をかけて学校生活から就職先まで親身になって面倒を見て下さいます。私もまだまだ未熟者ながら、着実に一つ一つ技術者としての道を切り開いて行こうとしているところです。その糧には東京ニットファッションアカデミーでの日々の授業が礎になっていることは言うまでもありません。最後に先生方本当に今までありがとうございました。そして校長先生、先生の手編みの授業は常にクリエイティブの連続で日々楽しい思い出です。そして、このメッセージを見て新たなニット業界の担い手が巣立って行くことを期待して卒業のメッセージと変えさせて頂きます。本当に大変お世話になりました。
 

  

Graduate's finding employment 卒業生の就職実績

当校の卒業生全員が、業界大手企業を中心とするアパレルメーカーでニットデザイナーとして就職しています。業界有名企業での現場研修を2年次から行い、企業からも高い評価をいただいています。

平成28年度卒業生就職実績

■株式会社島精機製作所 ■株式会社長谷川商店
■金泉ニット株式会社 ■金泉株式会社東京事務所
■丸安毛糸株式会社
■山科産業株式会社ルナキカク 
■株式会社ダイヤトリコ   

平成27年度卒業生就職実績

■株式会社ファイブフォックス ■太陽毛絲紡績株式会社
■株式会社ワールドインダストリーニット ■ハラダ株式会社
    
     

平成26年度卒業生就職実績

■株式会社ファイブフォックス
■株式会社島精機製作所
■大東紡織株式会社 ■株式会社川辺莫大小製造所
■佐藤繊維株式会社 ■山科産業株式会社ルナキカク
■SOF株式会社    

平成25年度卒業生就職実績

■株式会社ファイブフォックス
  
     
     

平成24年度卒業生就職実績

■株式会社ファイブフォックス ■有限会社東京デザインオフィース
■株式会社寺田ニット
■ホリゾン株式会社東亜ジャケット
■金泉ニット株式会社
■株式会社アイ・コーポレーション  

平成23年度卒業生就職実績

■株式会社ファイブフォックス ■株式会社オンワード樫山
■中銀インターナショナル株式会社 ■クリエイトベル株式会社
■株式会社エイガールズ     

Page Top